今日から新しいドイツ語ブログが始まります。


Eri先生のドイツ・ドイツ語情報局≪自己紹介≫

初めまして、こんにちは。Guten Tag!
ドイツ語講師のEriです。
今日からドイツ、ドイツ語関連のブログを更新していきますので、何卒、宜しくお願い致します。
今回は自己紹介の回という事で、私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

■名前: Eri

■ドイツ歴: 南ドイツのフライブルクに12年

■経歴:

中学卒業後、単独でドイツに渡り、2014年の9月ドイツ国立大学の独科とヨーロッパ民俗学科を卒業致しました。滞在していた期間は12年間です。
18歳の時にスペイン語を習得するため、スペインのレオンに留学し、そのままフライブルク大学でも第1外国語でスペイン語、第2でポルトガル語を続けていました。

■好きな言語=得意な言語: ドイツ語 > スペイン語 > ポルトガル語です。

ドイツの大学でドイツ語言語学を鍛えられたので、ドイツ語の構成、細かいニュアンスの違い、また日本人がドイツ語を学ぶ上でのコツを教えられます。
現在指導中の生徒さん達はドイツ留学、大学院試や独検というそれぞれの目標にそった授業を行っています。
例(会話中心、文法中心、混ぜた授業。など。)

■ドイツで経験したバイト: 大学時代初期はお寿司屋さんでウエイトレスとして働いていました。

こちらのお店は日本人の方々が従業員だったため、カルチャーショックなどなくスムーズに働け心優しい方々に巡り会えました。
そこから、周りがアジア人誰1人いないメキシカンレストランに移り、慣れるのに苦労しました。ドイツ人だけではなく、他の外国の方々も働いていらっしゃたので、
これは失礼に値する事なんだとか、こういう時にひるんではいけないんだとか、かなりこのお店で根性をつけられました。笑
熱々の料理(ファヒータ)が乗ったフライパンを3枚同時に持ち運び、一分一秒単位で売上げを追求し、客席から戻ってくる時は絶対に何かを持って来る。
お会計は机で済ますので、暗算を早く出来なければいけない、常連客をつける、など本当にここで学んだ事が今でも生きています。
因みに、食べ逃げをしようとしたお客様を外まで追いかけて行ってレシートを見せて払いなさいと突き詰めた事もあります。笑
その時は流石にオーナーが追いかけて来て下さって、助け船を出して下さいました。

後は、毎年フライブルク大学で翻訳そして通訳、日本人大学生のサポートをするチューターとして6年間働かせて頂きました。
ここで出会った学生の方々とも今でも仲良くさせて頂き本当に感謝しております。

■趣味: 読書、旅(特に一人旅)、ボーリング、ダンス、仕事。

■好きな有名人

・金田一春彦(日本の国語学者、国語辞典で有名。)
・Norbert Elias (社会学者、彼の作品:文明化の過程の大ファンです。)
・Bertholt Brecht(ドイツの有名劇作家)
・関口存男(ドイツ語学者:彼が説いた接続法一式、二式はドイツに逆輸入されるほど。)
・Helmut Schmidt (ドイツの政治家:社会民主党所属( SPD) 去年2015年11月に死去)
・安藤 忠雄(有名建築家)

■尊敬する人

・アリストテレス(古代ギリシアの哲学者)

以上、自己紹介でした。

次回は私から見たドイツという国をお話したいと思います。

IMG_2896
■筆者:Eri

中学卒業後、単身渡独。
持ち前のプロ精神と負けず嫌いで生徒さんを
引っ張る頼れる講師。
強い意志を持つ反面で親しみやすい明るさも
併せ持っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪??当校でドイツ語を学んでみませんか??≫
■ドイツ語ページ:https://fij.tokyo/course/german.html
■資料請求:https://fij.tokyo/contact/index.php
■体験レッスンお申込み:https://fij.tokyo/trial/free_trial.html/
■お電話:03-5840-7434
■email:gogaku@fij.tokyo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・